Nihon Coin Auction   |   Auction No. 48   |   9 December 2018 Sort by Lot-NumberSort by Estimate
Online bidding closed

<< Previous lot Next lot >>
Lot 569





Estimate: -   |   Starting price: 12'000'000 YEN Online bidding closed
INDIA  East India Company Victoria 1854 Pattern Restrike Proof 4pcs. Set (2Mohur S&W-3.3 Fr1594 KM-Pn24 ●Conditin: Proof FDC 1Mohur S&W-3.16 Fr1595c KM-Pn21 ●Condition: Proof FDC 10Rupees S&W3.19 Fr1596 KM-Pn19 ●Condition;Proof FDC 5Ruppes S&W3.25 Fr1597 KM-Pn17 ●Condition: Surface Hair Lines Proof AU/UNC)  《 1854年銘 東インド会社 4種再鋳貨プルーフセット 2モハール試鋳金貨 Pattern 2 Mohur 1854 S&W-3.3 Fr1594 KM-Pn24 Proof FDC 1モハール試鋳金貨 Pattern 1 Mohur 1854 S&W-3.16 Fr1595c KM-Pn21 Proof FDC 10 ルピー試鋳金貨 Pattern 10 Rupees 1854 S&W-3.19 Fr1596 KM-Pn19 Proof FDC 5ルピー試鋳金貨 Pattern 5 Rupees 1854 S&W-3.25 Fr1597 KM-Pn17 Proof ヘアーライン AU/UNC (※5 ルピーは極印破損があり肖像面の1時辺りから肖像の頭部にかけてキズのように見えますが、極印の割れた跡がコインに写っています) 東インド会社は金貨の必要性から 1846 年にインド・カルカッタ造幣局長を通し英国ロイヤルミントに新たな金貨発行の要請をしました。ロイヤルミントは主任彫刻者ウィリアム・ワイオンに金貨発行を伝え、マスターダイ(母型極印)とパンチ製作にかかりましたが、1851 年に彼は亡くなり、その後を息子であるレオナード・ワイオン(Leonard Charles Wyon)が引き継ぎ完成させました。その後サンプルとしてつくられた2モハール金貨と2モハール銀打貨2枚が極印、パンチとともにカルカッタ造幣局へ送られましたが、その途中2モハール金貨は紛失し、現在も不明のままです。結局、1854 年銘の金貨の発行は中止となり、発行されずに終わりますが、後に再鋳貨として僅かな枚数のセットが発行されました。発行セット数は諸説有り7? 10 セットといわれています。 》

Add to watch list    |   Search for similar lots    |   Share:  

Close